専門業者に依頼する

メンズ

エアコンを新たに購入する場合には購入店で設置してくれますが、引っ越した場合やネット通販で購入した場合には、専門業者に依頼することがお勧めです。エアコンの取り付けは複雑な工程になりますので、素人にはできないからです。

詳しく見る

家庭に必ずある必需品

エアコン

エアコンは一家に必ず1台はある家庭の必需品です。壁掛け用を取り付ける際には、部屋に配管用の穴が開いているかどうか確認する必要があります。また、エアコンを動かすためにコンセントが近くにあるかという確認と、室外機を設置する場所を確保する必要があります。

詳しく見る

設置は業者への依頼が確実

メンズ

様々な種類のあるエアコンですが、取り付けする場合には、個人ではなく業者への依頼が確実です。しかし、依頼する前にどこに設置するのかということや、設置場所にコンセントや配管の穴があるのかという最低限の確認はしておかないとオプション料金を取られることもあります。

詳しく見る

追加費用で値段は変わる

メンズ

エアコン取り付け工事の費用は基本工事費用と追加工事費用により決まります。基本工事費用は8000〜20000円ほどが相場で、追加工事費用は工事内容により値段が大きく変わります。工事費用込みで販売していることもあります。

詳しく見る

家電量販店には注意

エアコン

エアコンの取り付け工事は家電量販店でそのまま依頼する人が多いですが、必ずしもそれがよいとは限らないので注意が必要です。口コミをチェックして信頼できるか確認しておくべきでしょう。空調設備業者や地元の家電販売店は確実な工事をしてくれる可能性が高いです。

詳しく見る

設置に最適な時期

作業員

タイミングを把握する

エアコンを買い替えるのは故障する前が良いと言えます。エアコンと室外機は別物と誤解している人が多いですが、実は一体であって、室外機が故障して取り換える場合にはエアコンもセットで買い替える必要があります。室外機だけの販売はありません。故障して修理ができない場合には買い替えることになります。エアコンの取り付け作業は専門の業者に依頼しますが、その時期は初夏が多くなります。気温が上昇して暑くなる時期になると購入する人が多くなるので取り付け工事も多くなります。室外機やエアコンの故障で買い替えるタイミングが初夏になると取り付け工事がすぐにはできないことが少なくありません。発注から何日も待つことになって、その間はエアコンなしで過ごさなければなりません。エアコン本体も室外機も10年程度経過すると故障への対応が難しくなります。メーカーが部品の保存を中止するからです。エアコン本体あるいは室外機が、購入から10年以上経過して故障すると修理ではなく買い替えることになる可能性が高くなります。そのため、故障していなくても購入から10年以上経過すると買い替えをすることが望ましいのです。突然の故障は猛暑の時期のフル稼働しているタイミングで起こることが多いのです。そのような場合に取り付け工事を何日も待つのは大変です。故障する前に、そろそろ購入から10年以上経過したと気付けば思い切って買い替えを決断して、取り付け工事が混み合わない春先に購入するのが良いと言えます。